ソフト/ダウンロードサイト/ゲーム/Torrentサイト/音楽/マンガ/アニメ/動画など無料な物を全て紹介!

Freeweb Japan

トップページ |  サイトマップ |  RSS |  相互リンク集 |  相互リンク募集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



tags スポンサー広告 |  CM(-)

PCSX2

pcsx2.jpg PCSX2
(パソコンでプレイステーション2を動作させることのできるエミュレーター)

2007y09m22d_214323859.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows XP/XP Pro/Linux
 言語:日本語可能
 サイズ:2MB
 URL:http://www.pcsx2.net/downloads.php

PCSX2はパソコンでPS2(プレイステーション2)を動作させることができる無料ソフトです。開発が進み、最近になってようやく少し遊べるようになったエミュレーターです。しかし、低スペックのパソコンやグラフィックカードを実装していないパソコンなどは実機なみの動作は望めません。設定方法も群を抜いて難しく、正しく設定できたからと言って完璧な動作も中々難しいです。

まず、PCSX2をダウンロードするにあたって必要なPCスペックやソフトは・・・
①PS2(プレイステーション2)のBIOS「pcsx2-0.8.1やBIOSーROM(scph*****.bin)など」
②高スペックのCPU及びグラフィック出力・余裕があるメモリ容量
③7ZIPを解凍できるソフト ※こちらで紹介しています

使い方

①日本語化方法
・Languageメニューより表示言語を「英語→日本語」に変えることができます。

②VM(Virtual Memory)に対応させるためのバイナリの設定
・WindowsXP Professionalのみ動作設定が可能
・コントロールパネル>管理ツール>ローカルセキュリティーポリシー>メモリ内のページロック→『ユーザーまたはグループの追加』をクリック→自分のアカウント名を空欄に入力→『名前の確認』をクリック・エラーが発生しなければOK→全ての窓を閉じログオフ→再度ログインする

③GPUプラグイン (グラフィック設定)
・2つのPluginが同梱されていますが、ゲームによって「GSdx9」と「ZeroGS KOSMOS」を切り替えると良いでしょう

④SPUプラグイン (サウンド設定)
・デフォルトのままで大丈夫です

⑤CDVDプラグイン (ドライブ設定)
・CD/DVDから起動させる場合、ISOイメージから起動させる場合でPlugin変更が必要です

⑥PADプラグイン (コントローラー設定)
・ゲームパッド用Pluginとキーボード用Pluginが選択可能です

⑦CPUプラグイン (詳細設定)
HT対応CPUの場合は「MTGS」に、デュアルコアCPUの場合は「MTGS」と「DC」にチェックを入れて下さい

⑧用意したBIOSはBIOSフォルダの中に入れてください

これで起動しなければ動作させるのは厳しいと思います。また、PS2ソフトによって動作する物と動作しない物がありますので、試してみて下さい。


スポンサーサイト
tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(0)

NO$GBA (任天堂DSをパソコンで動かすためのエミュレーター)

nogba.jpg NO$GBA

nocashgba1.gif ライセンス:フリー
 対象OS:Windows 2000/XP
 言語:英語
 サイズ:0.13MB
 URL:http://nocash.emubase.de/gba.htm

NO$GBAはパソコンでNDS(任天堂DS)とGBA(ゲームボーイアドバンス)を動作させることができる無料のエミュレーターソフトです。まだまだ開発段階で動作しないソフトも多数あるみたいです。日本語化パッチも配布されていません。しかし、現段階では速度や再現度共に、1番完成度の高いNDSエミュレーターとなっています。
Biosの「biosNDS」を入れることでエラーや動作精度が増します。

■ダウンロード
ダウンロード方法は上記URLから「No$gba Freeware Version Downloads」の下にある「Download windows version」をクリックするとダウンロードが開始されます。

■使い方の注意点
ソフトによってオプションを設定する必要があります。エラーや動作しない場合は「Options」→「Emulation」→「NDS Cartridge Backup Media」の項目部分を適当に変更してみて下さい。


tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(0)

SNESGT

snesgt.jpg SNESGT (パソコンでSFCを動作させるためのソフト)

2007y09m16d_140019609.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows 2000/XP
 言語:日本語
 サイズ:0.34MB
 URL:http://gigo.retrogames.com/download.html

SNESGTはパソコンでSFC(スーパーファミコン)を動作できるようにするエミュレータの無料ソフトです。最初から日本語表示されていて細かな設定も不要なので初心者にオススメのエミュレーターです。ネット対戦機能は付いていません。


tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(0)

AdriPSX ILE (パソコンでPSを動かすためのエミュレーター)

AdriILE.jpg AdriPSX ILE

adripsx.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows ALL
 言語:英語
 サイズ:1.1MB
 URL:http://adripsx.psxemu.com/index.php?page=download

AdriPSX ILEはパソコンでPS(プレイステーション)を動かすことが出来るエミュレーターです。動作再現度はePSXeには劣りますが、最初から再現度が高いプラグイン・BIOSなどが同封されていますのでePSXeみたいな細かな設定が必要無いのが、大きな特徴です。

その他の特徴は
①日本語非対応
②メモリーカード機能が無い(どこでもセーブ機能は付いていますF4キー)
③BIOSを入れる事で、さらに再現度が向上する
④PSEmuのプラグインが使用可能
⑤ネット対戦機能が無い

などが挙げられます。初心者の方はシンプルモードを選択するとイイと思います。細かな設定が必要無く初心者でも扱いやすいエミュレーターです。


tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(0)

Boycott Advance (PC用のGBAエミュレーター)

boycott.jpg Boycott Advance

2007y09m12d_231936921.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows All/Mac All
 言語:日本語
 サイズ:0.13MB
 URL:http://boycottadvance.emuunlim.com/Downloads.htm

Boycott Advanceはフランス製のPC(パソコン)でGBA(ゲームボーイアドバンス)を動作させるためのエミュレーターです。もちろん無料ソフトになっています。
圧縮されたゲームでも読み込むことができます。実際に動作するゲームは7割程度だそうです。
BIOSは標準装備されていますが、BIOSを入れ込むことでさらに動作精度が向上します。動作が非常に軽く、Mac版もリリースされています。
細かな設定も必要なく、初心者でも気軽に遊べます。日本語化も必要ありません。

■ダウンロード方法
上記URLから「BoycottAdvance 0.2.7 Japanese Translation」をクリックするとダウンロードが開始されます。
Mac版を利用する方は、「BoycottAdvance/MacOS 0.2.7 Japanese Translation」をクリックするとダウンロードが開始されます。


tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(1)

Visual Boy Advance (ゲームボーイアドバンスのPC用エミュレーター)

vba.jpg Visual Boy Advance 

2007y04m25d_164614176.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows ALL
 サイズ:0.79MB

Visual Boy AdvanceはGBA(ゲームボーイアドバンス)・GB(ゲームボーイ)・GBC(ゲームボーイカラー)をPC(パソコン)で動作させることができるソフトです。Game Boy Advanceを動かすソフトの中では定番のエミュレーターになっています。ほぼ、全てのソフトが完璧に動作します。細かな設定も不要です。オススメエミュレータソフトです。日本語化方法は下で説明します。

■ダウンロード
URL:http://vba.ngemu.com/downloads.shtml
バージョンは1.72で大丈夫です。Downloadと書いてある所をクリックすればダウンロードが開始されます。

■日本語化ファイル入手先
こちらのサイトで日本語化ファイルを入手して下さい。
URL http://nekokabu.s7.xrea.com/
ダウンロードの場所は、日本語化パッチ→GB,GBA→VisualBoyAdvance 1,7,×の所にあるDownloadをクリックでダウンロードは完了です。

■日本語化方法
ダウンロードした日本語化ファイルを解凍します。解凍すると(vba_jpn.dll)という拡張ファイルがあると思います。これを先程のGame Boy Advanceのロゴがあるアイコンと同じ場所に移動させます。これでVisual Boy Advanceを再起動させると日本語化の完了です。

※設定等は特にいじる必要はありませんが、オプションから全画面表示やキーの変更等ができますので色々試してみて下さい。




tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(12)

Uosnes (スーパーファミコンのPC用エミュレーター)

uosnes9x.jpg Uosnes (スーパーファミコンのPC用エミュレーター)

2007y03m26d_122330984.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows ALL
 サイズ:1.72MB

UosnesはPC(パソコン)でSFC(スーパーファミコン)をするためのエミュレーターです。スーパーファミコンの定番エミュレーターだけあって、動作・機能は全て完璧です。全てのゲームが動作します。最初から日本語表示です。細かな設定等も特に必要ありません。

■ダウンロード
URL:http://toriniku.sourceforge.net/
ここのサイトが非常にわかりずらくuosnesw-20050910.i686.bin.zipをCtl+Fで検索してダウンロードしてください。





tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(1)

Virtua NES (ファミコンのPC用エミュレーター)

VirtuaNES.jpg Virtua NES (ファミコンのPC用エミュレーター)

2007y08m13d_143925453.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows ALL
 サイズ:0.4MB

Virtua NESはPC(パソコン)でファミコンを遊ぶためのソフトです。最初から日本語なので簡単に遊ぶことができます。こちらもFC(ファミコン)のエミュレーターでは知名度ナンバー1でしょう。名作のくにおくんとか久々してみるとかなり楽しいです。因みにNESとは海外ではFC(ファミコン)のことをNESと呼びます。

■ダウンロード
URL http://virtuanes.s1.xrea.com:8080/vnes_dl.php
Latest versionのJapaneseをクリックでダウンロードが開始されます。

■ファイルを解凍する
ダウンロードしたファイルを解凍して下さい。解凍ソフトはベクターなどにあります。
※こまかな設定はオプションから実行できます。(キー変更・全画面表示等)



tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(0)

ePSXe (プレイステーションのPC用エミュレーター)

playsta.gif ePSXe (プレイステーションのPC用エミュレーター)

2007y05m03d_231132860.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows ALL
 サイズ:0.28MB

プレイステーションをPC(パソコン)で使用するためのエミュレーターです。プレイステーションのエミュレーターの中ではこのソフトが1番設定が簡単で動作もナンバーワンでしょう。再現度も完璧です。パソコンのスペックで若干動作が変動します。FCやSFCと違って、多少設定が難しい所もあります。プラグイン等も使用しないと動作しません。動作するまでの設定方法を説明したいと思います。

①まずは本体をダウンロードして起動しましょう
URL http://www.epsxe.com/
まずは上のURLから本体をダウンロードしましょう。ダウンロード場所は、上記URLから左側にある「Downloads」をクリック→ ePSXe v1.6.0のサイズが286 KBのものをクリックでダウンロードが開始されます。
ダウンロードしたら解凍して下さい。解凍ソフトはベクターなどにあります。解凍が終了したらePSXeをダブルクリック!これで起動したはずです。

②日本語化しましょう
URL http://nekokabu.s7.xrea.com/
次は英語なので日本語化します。上のURLから日本語化パッチをダウンロードして下さい。ダウンロード場所は、URLから日本語化パッチをクリック→PS、PS2をクリック→ePSXeの1.6.0にあるDOWNLOADをクリックでダウンロードが開始されます。
ダウンロードしたら先程と同じ要領で解凍して下さい。解凍してできたepsxe160jpの実行プログラムをコピーしてepsxe160のフォルダの中に貼り付けて下さい。
貼り付けた日本語化パッチのepsxe160jpをダブルクリックすれば日本語化の完了です。

③グラフィックプラグインをダウンロードしましょう
プラグインと聞いてだこの順序を飛ばしがちですがこのプラグインを適用しないと動作しませんので必ずダウンロードして下さい。
URL http://emulator.ty.land.to/files/pete's_dx6_d3d_ver1.76.zip
上のURLからダウンロードが完了したら、解凍して出来たgpuPeteDX6D3D.dllをpluginsのフォルダの中に入れて下さい。pluginsのフォルダは下の画面の赤い部分にあります。
2007y05m03d_233803437.jpg


④サウンドプラグインをダウンロードしましょう。
順序は③と同じになります。下のURLからダウンロードして下さい。
URL http://emulator.ty.land.to/files/eternal_spu_plugin_lite_ver1.41.zipこちらも解凍して出来たspuEternalL.dllをpluginsのフォルダの中に入れて下さい。

⑤BIOSを適用しましょう
BIOSのダウンロードは決して行わないで下さい。
1番動作が安定しているのはSCPH-7000番です。
BIOSはpluginsのフォルダと同じ所にあるbiosのフォルダの中に入れて下さい。

⑥ePSXeの設定をしましょう
まずはサウンドプラグインから設定しましょう。
ePSXeを起動して設定→サウンドを選択します。設定画面が開いたら下の画面と同じように設定して下さい。
2007y05m04d_003038414.jpg

さらに上の画面にある設定をクリックして下の画面と同じように設定して下さい
2007y05m04d_003531936.jpg


次にグラフィックプラグインを設定しましょう。
設定→グラフィックを選択します。下の画面と同じように設定して下さい。
2007y05m04d_004047480.jpg

さらに上の画面にある設定をクリックして下の画面と同じように設定して下さい。
2007y05m04d_003100996.jpg


⑦最後にBIOSを適用しましょう。
設定→BIOSを選択します。参照をクリックして先程biosのフォルダの中にあるbiosを指定します。

以上で遊ぶ前の準備は完了です。後は、SF・SFC・GBAなどと同じ方法で遊べます。コントローラーの設定なども設定画面から出来ます。お疲れ様でした。

ゲームを起動して速度が速すぎる場合はグラフィックプラグインの設定でGPUの設定をFPS(一秒間の描画フレーム数)をauto(自動検出)または60FPSにして下さい。



tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(4)

Project64 (任天堂64のPC用エミュレーター)

nin64.gif Project64 (任天堂64のPC用エミュレーター)

2007y05m04d_215629125.jpg ライセンス:フリーウェア
 対象OS:Windows ALL
 サイズ:2.03MB

ニンテンドウ64をパソコンで動かすためのエミュレーターです。任天堂64のエミュレーターの中では文句無しのナンバー1です。

■ダウンロード
URL:http://www.pj64-emu.com/
ダウンロード方法は上記のURLから右上にある「Downloads」をクリック→Binaries >>をクリック→Project64 v1.6をクリックでダウンロードが開始されます。


tags フリーソフト/ゲーム/エミュレーター |  comments コメント(2)
PC関連ニュース
管理人からのお知らせ
コメントは承認制にしておりますので表示されるまでに若干時間がかかります。

誹謗中傷等を書かれた場合、コメントは削除致しますので予めご了承下さい。

回答を素早く得たい方や、ダウンロードサイト関連の質問は当ブログの質問提示版にてお願いします。

当ブログで紹介している物はフリーソフトや様々なサイトを含みますので全て自己責任でお願いします。
Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。